腰痛クチコミバンク 治療院・サロンの口コミ情報サイト 腰痛バンク

膝、捻挫などの治療風景:整骨院なら厚木の佐藤整骨院

治療風景

トップページ > 治療風景

治療風景

治療風景

問診後に何か内科的な問題や感染症がないかなど、血圧、体温を測定する。

立位での体感の動きを診ます。

・立位では体感を前屈し、床と指先の距離を測ります。この時に痛みと可動域制限を診ます。
・次に進展して背筋の緊張・痛み・可動域制限をみます。
・さらに側屈し、左右差を比べます。

治療風景 治療風景 治療風景 治療風景

 

神経学的検査を行い、神経の障害から炎症・痛みを引き起こしているかどうかを診ます。

ハンマーで膝の下、かかとを叩いて腱反射をみたり、足の指を動かしてもらって筋力の低下があるかどうかをみたり、皮フの上を軽く触って、感覚異常があるかどうかを確かめます。

治療風景治療風景 治療風景
治療風景

仰向けで下肢の伸展・挙上をしてもらいます。
腰を伸ばしたまま片足をゆっくり上げていきます。

このテストによって神経の刺激による痛みなのか、骨盤の関節の痛みなのか、筋肉が硬くなっているかなどをみます。

治療風景

さらに仰向けで、股関節と膝関節を曲げて、足を反対側の下肢に近づけた状態にします。

これによって、お尻や下肢、鼠蹊部に痛みが誘発された場合、骨盤の関節の炎症、股関節周辺の筋肉の緊張を考えます。

治療風景

仰向けで股関節を曲げて、足四の字のように外側に開排してもらいます。

これによって、痛む場合、股関節疾患や骨盤の関節の炎症を考えます。

※腰痛の患者さんをうつ伏せにすることは絶対にやりません!!

これらは腰痛を評価する際の主な順番で、大切なのは、左右差と痛みです。

その他

他の患部においても基本手順にて丁寧にしっかりみていきます。

治療風景治療風景

 

ページトップへ